集中ピアノレッスンでグングン伸ばす【専門分野学習サポート】

ノート

医療系学生の養成

笑顔の女性

社会貢献のために言語聴覚士になるためには、その資格がとれる学校に通うことが近道です。最短ルートでは言語聴覚に関する大学の学科で学位をとれば、言語聴覚士の国家試験に臨むことができます。しかし、学力や学費などの問題で大学に行けなかった場合は、国が指定した養成学校を卒業すれば国家試験を受験する資格があたえられます。言語聴覚士の試験は、とても難易度が高い上に倍率が高いため、合格率は低いと言えます。また、大学では資格の勉強だけをするわけにはいかないので、どうしても集中的に勉強することは難しいでしょう。しかし、養成学校では言語聴覚士の試験に受かることが第一義的な目的になりますので、資格の取得のルートとして最短とも言えます。養成学校での勉強は基礎分野、専門基礎分野、専門分野といった3つの分野に集中しています。基礎分野では、大学でいう一般教養といわれる基本的な学問を学びます。外国語や人文社会科学系の知識を吸収させることで、バランスのいい言語聴覚士をめざします。また、専門基礎分野では言語聴覚士の知識のなかでも基本的な知識を勉強します。医学や臨床医学、または言語学や心理学といった言語聴覚士に必須の学問を体系的に学びます。さらに、専門分野では発生発語生涯や言語発達障害といった言語聴覚障害の原因や治療法などを、講義と演習によって深く研究していきます。このように段階的に言語聴覚士になるためのスキルを高めていくことができるのです。最終的には国家試験に向けて勉強してくのですが、養成学校には専門的な知識をもった先生方が多く在籍しているので、何か分からないことがあれば気軽に質問することができます。また、数年間苦楽をともにした仲間もいるので、お互いを刺激し合いながら、言語聴覚士になるために頑張ることができます。